Raspberry Pi + Raspbian 無線 LAN アダプタの省電力モードをオフにする

raspi を小型無線 LAN アダプタで接続しているが、放っておくと ping が通らなかったり、SSH の接続が切れたりする現象に悩まされて調べたところ、
Raspberry Pi • View topic - WLAN disappears after some time
を見たところ省電力モードが原因らしい。

$ lsusb
Bus 001 Device 002: ID 0424:9514 Standard Microsystems Corp.
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 001 Device 003: ID 0424:ec00 Standard Microsystems Corp.
Bus 001 Device 004: ID 1a40:0101 Terminus Technology Inc. 4-Port HUB
Bus 001 Device 005: ID 2019:ab2a PLANEX GW-USNano2 802.11n Wireless Adapter [Realtek RTL8188CUS]

で無線子機が RTL8188CUS のを確認する。
8192cu ドライバが使われるこれは省電力モードが特殊らしく、
iwconfig で見ても常に Power Management:off としか表示されず、iwconfig wlan0 power off もエラーが出て実行できない。

$ sudo nano /etc/modprobe.d/8192cu.conf で設定ファイルを作成し、以下の内容を書き込むことで省電力モードを無効化できる。

# Disable power management
options 8192cu rtw_power_mgnt=0 rtw_enusbss=0

省電力モードが有効かどうかは $ cat /sys/module/8192cu/parameters/rtw_power_mgnt で確認でき、
上記の設定をする前は 1 を返し、設定後 reboot すると 0 になっているはずである。

この設定をしたところ、ping が通らなかったりマシンを見失うことがなくなった。めでたし。